一般社団法人設立にあたりご挨拶

この度、桑野里美、乾倫子、藤江正直の3名で一般社団法人ひとみらい共育LABOという団体を設立させていただくことになりました。

設立にあたり、ご挨拶と共にその目的についてお伝えさせていただければと思います。



私たちメンバーにはそれぞれが活動しているフィールドや日々の生活の中で解決したい、もっと良くしたい!と感じている社会的課題があります。



僕の場合は娘がいじめに遭い不登校からひきこもりになってしまった事でした。

そんな学校に行かない、働きにも行かない娘に対して僕がしていたのは

「なんで行かないんだ!?」と叱り

「そんなことでは社会人として生きていけないぞ!」と脅す。

時には娘の人格を否定するような言葉で叱責したこともありました。



それに対し娘は反発するばかりで怒鳴り声やケンカが絶えない家庭。

このままでは家庭崩壊してしまう・・・。

なんとかしなければ。

でも、どうしたら・・・。



そんな時に出会ったのがペップトーク、コーチングでした。

ペップトークで学んだ言葉がけ

コーチングで学んだ質問

両方から学んだ考え方、在り方を実践していくうちに娘や、親として支援する僕の状態も良くなっていったのです。

今では娘も自立し、一人で暮らすようになってくれました。



この経験を活かし、今不登校やひきこもりで悩んでおられる当事者やご家族をなんとかしたい。

誰でも自分らしく生きていくことができるという事を知っていただきたいと細々と活動してきました。



ただ、個人でやっていてもなかなか思うような活動ができず、広まりも感じることができなかった時に他の2名のメンバーと出会い、想いを同じくすることができたので団体として活動することに致しました。



私たちは個々に、このような解決したいと思っている社会的課題があり、そのために力を合わせてまいります。

日本の未来のために微力ではありますが貢献したいと考えております。



このような私たちの想いに共感、賛同いただける方には見守り、応援し、ご意見をいただけたら嬉しいです。


これからもどうぞよろしくお願いいたします。


藤江 正直

     


閲覧数:207回0件のコメント

最新記事

すべて表示